井口日記!

劇団ドリームチョップ代表のイグチが、演劇のこととか教育のこととか 奥さんのこととか何となくダラダラ書いてみたんですよ、 というスタンスの日記です。

その他

・失望や幻滅

失望や幻滅。

できれば味わいたくない感情だけれど、これを乗り越えないことには人としてまだまだ足りないのだろう。


・・・人生は一度きりだから迷っちゃうんだよなあ。

・ご無沙汰しております。

1ヶ月も更新が止まってしまいました。
9/3にパソコンが壊れまして。

ブンッ。

不思議な音とともに画面が暗転。
まさにあとは「ウンともスンとも」状態で。
本体の後ろさわってみたら熱い熱い。
こりゃダメだと思って直しに出しておりました。

その間、前に使っていたノートPCでしのいでいましたがいかんせんスピードが遅い。
ネットも設定があるのかわかんないけどブログ更新ページが表示されないため、更新できずにおりました。

井口生きてます。

またぼちぼちいきます。

・東さんのこと。

8月29日に、ドラマ工房前ディレクターの東修さんがお亡くなりになりました。

あまりに突然のことで、もちろん悲しいのだけれどなんだか頭がまとまらなくて、実感がわかなくて、呆然とした。
そしてなんだか違和感を持ったまま、昨日のお通夜、今日の葬儀と、お経を聴きながら東さんのことを思いだしていた。



19歳の僕が劇団110SHOWに入団したときに、代表をされていたのが東さんだった。
僕と東さんとは18歳違いだったから、あのころ東さんは37歳だったことになる。気がつけば今の自分もまもなくそういう年齢だ。

東さんは、まるで「劇団のお父さん」のようだった。

細かいことにはこだわらず、若くてナマイキな僕たちに好きなようにさせてくれていた。でも、本当に困っているとき、本当に間違っているときには、必ず一言言ってくれる存在だった。


大道具を作ったりいろんな作業をしたあとには、よくご飯を食べに連れていってもらった。僕も含めて若い子が何人かいたけれど、東さんは絶対に僕らに払わせなかった。「なーん、いいがやいいがや」と笑っていた。

一度、「東さん、僕払いますよ!」と結構しつこく言ったことがある。

今思えば、いつまでも「若い衆」じゃないんだなんて背伸びしていたのかもしれない。そういうところが子どもなんだけど。

そのときに東さんに言われたことが今でも印象に残っている。

「そうやって払ってくれる気持ちがあるんやったら、今度は自分より若い子を連れてってやるこっちゃ。わしらもそうしてもらってきたんやから順番なんや。」


かっこいいなぁ、って思った。



それから年月は流れて今度はドラマ工房のディレクターとして一緒に仕事をするようになった。

正直、意見が違うところもあったし、やっぱりナマイキにも東さんに食ってかかるような失礼なことをしたこともある。それでもやっぱり東さんは誠実に、しかし言うべきことはしっかりと言ってくれた。


僕は「めんどくさい奴」だったと思う。
でも、じっと待ってくれていたんじゃないか。



お経を聴きながら僕にとって東さんは「演劇のお父さん」だったんだなぁと感じた。そしたら、どんどん涙があふれてきた。

さみしくて仕方がない。
悲しくて仕方がない。
不安で仕方がない。

だけど、やっぱり、仕方がない。
子どもはいつか親離れしなきゃいけないのだから。


東さん、さようなら。
心より、本当に心より、ありがとうございました。
ゆっくりと休んでください。





追記(ご遺族、関係者の方々へ):僕なりに精一杯心を込めて文章を書いたつもりですが、万が一失礼な点などございましたら、ぜひお知らせください。心よりお詫び申し上げるとともに、訂正あるいは削除させていただきます。

・雪が降っている。

雪が降っている。
空は灰色で周りは白くて、真夜中なのに明るい。
何もかも投げ出してしまいたいと思う。
ほんのちょっとだけ近所を歩いてみた。
雪が音を吸っている。
心が自分に戻ってくる。
寒いから家に帰ろう。

・独立記念日

3年前の今日、教員を辞めてフリーになりました。

どう過ごしていいかわからなくて、公園に行って桜を観ました。
そのあと、草薙剛の『ホテルビーナス』って映画を観ました。

今日も桜を観ています。

ちなみにこれは黒門前です。
ba8aa159.jpg



今日4月1日から、金沢市民芸術村ドラマ工房のディレクターを務めることになりました。
中島高校での演劇の授業もやります。
ライフワークでもある高校生や教員対象の「コミュニケーション講習」も今年もやります。

もちろん劇団ドリームチョップでの公演活動もがんばります。


充実した一年になるように、駆け抜けるように、生きられたらと思います。

イグチの周りのみなみなさま、どうぞよろしくお願いします。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ