昨日今日と大府市で「笑ってよゲロ子ちゃん 殉情編」の稽古。
苦しい。しんどい。しかしとても楽しい。
それは、稽古そのものが演劇的だからではないだろうか。
1つのセリフについて、1つの動きについて、演出家と話す。お互いのイメージを共有するために。
言葉では言い尽くせない何かをセリフや動きに託す。それを見て演出家はさらに言葉を重ねていく。
相手役にもそして観客にも、言葉より深いなにかを届けたい。

なんてカッコ良さげに書いてはみたが、実際にはできないことばっかりで 本当に落ち込む。
わかっちゃいるけどうまくいかない。ココロとカラダがイメージ通りに動かない。
自分が演出やってるときにさんざん言ってることを言われちゃうんだよなあ。

今度から役者に優しくなろう。


…そういうことじゃないんだよ。