藤田まことさん、お亡くなりになりましたね

「必殺」シリーズもよかったですけど、イグチははぐれ刑事が好きでした。再放送見ながらつい、ホロリ・・・(涙腺がゆるいのはトシのせいかしら)

で、ワイドショーなんかでは藤田さんの追悼企画がたくさん流れてるわけですが、藤田さんといえば「てなもんや三度笠」だそうで。

さすがに実際にテレビで見たことはないんですけど、その存在は強い記憶として残っています。


なにしろ、藤田さんの役が「あんかけの時次郎」

子どものころに自分の名前を言うと、大人は決まって
「お、あんかけの時次郎か?」と聞いてきました。

なんのこっちゃねん??

と当時は思っていましたが、さすがに会う人会う人みんな言ってくるので(小学校のころ、担任の先生にまで4月最初の時に言われた覚えがある。生徒は誰もわからないのに!)そういう番組があるのを知ったというか。

ちなみに。

wikiで調べたところ、「あんかけの時次郎」というのは市川雷蔵さんの主演映画「沓掛(くつかけ)時次郎」のパロディだそうで、そういや「お、あんかけの時次郎か?」と聞いてくる中、たまに
「沓掛時次郎か?」と聞いてきた大人もいたのを思い出しました。

というわけで。
「時次郎」という名前はなかなかにインパクトがあり、学生の時も社会人になってからも、人に覚えてもらえるという点ではトクをしたなあと親に感謝するところなのですが。


いや、だが、しかし。

子どもの名前にコメディ番組の主人公の名前をつけるだろうか?
そんなことをすれば息子の未来は知れようというものだ。
しかし、うちの親いわく、藤田まことさんからとったわけではないとのこと。


ではいったい
「時次郎」はどこからきたのか?
そこには、井口家の血塗られた歴史が…






続く!(マジです)