昨日、劇団週末倶楽部「Tatsuya」を観てきました。

もともと「劇団週末くらぶ」として、石川県内の高校演劇部の合同公演がスタートしました。
イグチは当時高校2年生で、その第1回のメンバーで横内謙介さんの「ジプシー」を上演しました。

とっても楽しくて、それが原体験となって今も芝居を続けているようなものです。

「週末くらぶ」は演出の北市邦男先生が定年退職されたのを受け、高文連演劇部の事業としては終了し、OB・OGを中心に「週末倶楽部」として今後も活動していくそうです。

若い演劇人が活動する場があることはとても素敵なことです。

がんばってほしいなぁ。