今日のお昼に、芸術村で観劇してきました。
やはり金沢一の人気劇団。客席はいっぱいでした。

芝居の中身ももちろん素敵なものでしたが、やはりこれだけのお客さんに支持されているということがなにより素晴らしいと思いました。

金沢という町で演劇が認知されるのか。

そういう観点から考えれば、600人というお客さんをコンスタントに動員するというのは大変なことです。
我が劇団も見習わなくてはいけないですね。

できることならば、「文化都市」なる金沢において、演劇がもっと普通に娯楽として認知されてほしいと思います。デートでも、久々に夫婦のお出かけでも。
そんな空気を作るためにもまずはいい芝居を創らなきゃですね。その上で、観てもらうための工夫をしていかないと。

いたく反省して前向きになった一日でありました。