4月1日です。
早いものでフリーランス11年目に突入しました。
今年も1年、無事に生きていけるといいなあ。

おととい3月30日は、20年以上関わってきた劇団週末クラブの最終公演「チェンジ・ザ・ワールド」の本番でした。
高校生たちは驚異的な頑張りで、小屋入りしてからの3日間でぐぐっとよくなりました。毎年のことですが、彼らの純粋さには本当に心が洗われます。もう一度、初心に戻ってがんばろうという気になります。
よし、がんばろう。

最終公演ということで、週末クラブの思い出がいろいろあふれてきてやっぱり自分の芝居の原点もここにあるなあと思い直しました。

そこで久々のブログ更新なんですが、無謀にもシリーズ投稿企画。
「思えば遠くへきたもんだ」

高校時代から思い出せる限りで、芝居を初めて25年(!)の歩みを振り返ってみたいと考えています。
さあ、第1回の投稿はいつなのか!?

乞うご期待です。