井口日記!

劇団ドリームチョップ代表のイグチが、演劇のこととか教育のこととか 奥さんのこととか何となくダラダラ書いてみたんですよ、 というスタンスの日記です。

2012年03月

口内炎が

痛いぜbaby!

画像は 自粛したぜ!


・・・寝よっと。

恥ずかしいですよね。

恥ずかしいことはいろいろあるけれど、イグチのなかで上位に入るのは

「特別な日の前に床屋」


これです。
遠足とか、修学旅行とか。
新学期のクラス写真を撮る前日なんてのもそうです。

そして最近は何と言っても芝居の本番。

こないだのAgクルー公演の前日に、行っちゃったんですよね。床屋。
例によって友達の野原くんがやっているお店「ヘアーカットノハラ」

忙しさにかまけて1ヶ月以上いけなくて、天然パーマなもんだからもっさもさになってたんですが。
ついに行ってしまいました。本番前日に。
当日はメンバーの方どなたもそのことには触れてこない。
本番前でそれどころではないのか、はたまた痛々しくて黙っててくれてるのか。
自分も本番前なのに、そんなことを考えちゃったりして。

でも、一応「明日本番なんだよね」とは言ったんです。野原くんがもみあげをさりげなくしてくれたとです。

そして久しぶりに行った「ヘアーカットノハラ」は綺麗に改装されてました。
やるなあ、野原くん。

(あ、今見たらブログに美人の奥さんが・・・!)

「修学旅行」終わりました!

10日(土)、11日(日)の2日間、金沢市立安江金箔工芸館にて

金沢市民芸術村ドラマ工房Agクルー公演
畑澤聖悟作「修学旅行」


無事終了しました!


いやー楽しかった!
純粋に役者として芝居ができる状況はあまりないので、実はとっても緊張しました。
人生経験豊富なAgメンバーに比べ、ひとり楽屋でピリピリするイグチ。
それでも、お客さんの前で演じる楽しさは何とも言えないものでした。
舞台エリアに入る一歩を踏み出す瞬間にテンションが一気にあがる感じはなんだか久しぶりな気もしました。

そうだ、芝居好きだった俺。

みたいなね。

それと、今回は劇団110SHOWの高田伸一さんが演出をされたんですが、改めて自分の出所というか演劇を続けてきた原点というか、それが110SHOWや高田さんにあるということを再認識しました。
やっぱり、うまいんですよね。演出。
でも不思議と悔しさとかはなくて、純粋に役者としてゆだねられた気がしました。
(まあ、高田さんにすればめんどくさい役者だったかもしれませんが)


高校1年から演劇をはじめて、19で110SHOWに入団しました。
このあたりの話はいずれ書きたいと思います。



卒業。

卒業シーズンです。
イグチも仕事柄、卒業式に立ち会います。

卒業証書授与時の返事の声とか、式辞祝辞のうまさなど、卒業式には見所がいくつかあるのですが。
イグチが好きなのは、式が終わって卒業生が退場するときの表情です。
最近の式では退場時にJ-POPがかかったりして、厳粛な式と対照的な華やかなシーンになることが多いです。その時の顔がいいんですよね。
泣いてる子もいるし、笑ってる子もいる。
そして一番いいのは、どんな顔をしていいかわからず半笑いになっている顔。
その表情は先の見えない彼らの未来を暗示している気がします。
笑えないつらいことがあるかもしれないけど、楽しく素敵な日々があるかもしれない。
期待と不安。さまざまな想いがあの「半笑い」にあるんじゃないかなあ。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

iguchinikki

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ