井口日記!

劇団ドリームチョップ代表のイグチが、演劇のこととか教育のこととか 奥さんのこととか何となくダラダラ書いてみたんですよ、 というスタンスの日記です。

2010年06月

チェリーハイツへようこそ。

イグチが主催する劇団ドリームチョップが8月に公演を行います!

劇団ドリームチョップ結成10周年記念公演
「チェリーハイツへようこそ」

作・演出 井口時次郎

出演:

兼近理子
田中祐吉(フリー)
鳥倉絵里香
中嶋光伸(ドラマ工房Agクルー)
八木伸彦
吉村真一
井口時次郎

あらすじ:

いまどき珍しくなったまかない付きの木造アパート「さくら荘」。
久しぶりの新しい入居者が来るということで
大家をはじめ住人たちはどこか落ち着かない。

そんな中、画家の卵である小柳六郎がやってくる。
六郎と住人たちのふれあいの中、それぞれの事情、
それぞれの思いが交錯する・・・



8年前に上演した作品をパワーアップしておとどけします。
稽古快調!

その様子がブログに!
「チェリーハイツへようこそ」稽古ブログ

みなさんぜひ観に来てくださいね。




夢一夜

久々の更新のわりに、本当にとりとめのない話で申し訳ないんですが。


きのう、夢を見ました。
普段は夢を見てもすぐ忘れてしまうのですが、なぜかはっきりと覚えています。それが何だか気になって、今日一日不思議な気分でした。
それはこんな夢。



気がつくと、高校時代に通った学校にいる。
しかも、3Fの男子トイレの窓から外に出ると、なぜかベランダというか屋上というか、屋根の上みたいな場所があって(これは本当にあった)。

高校時代には当時仲の良かった四谷君という男の子とよくそこに行ってダラダラしゃべっていたのだが、今、なぜか自分はそこにいるのだ。


隣にはやっぱり四谷君がいる。


不思議なことに、自分もそうだが四谷君もすっかりおっさんになっていて、高校を卒業して以来一度も会っていないのに、それが四谷君だということはわかる。
四谷君は黙って空を見ている。
つられて自分も空を見る。

青い空。
夢なのにカラーではっきりと見える。

話したいことがあるような気がするのだけれど、何を話していいのかさっぱりわからなくて、ただ、2人で空を見ている。

夢の中なのに、「少し、眠いな」と感じる。
すると四谷君がいきなり、

「腹へったな」

と言う。
腹は別にすいてなかったので「そうか?」と返したら、四谷君はすねたようなつまらなそうな顔をした。


それだけ。
その後どうなったのかもよくわからない。
彼のことを思い出していたわけではまったくなく、正直すっかり忘れていたはずなのに、夢というのは実に不可解な物である。



まぁ、ここまで読んでもらった方には申し訳ないんですけど、オチもまったくない、不可解な話でした。


ひさびさに

最近はいろいろとバタバタして忙しかったんですけど、今日はひさびさに完全オフ。

とりとめもなくいろんなことを考えています。

ポイントは生産的なことを考えないこと。漠然とココロに浮かぶさまざまに任せ漂うように考える。

いつのまにか「あ、これをこうしてこうやったら台本書けるな」とかになりかけますが、イカンイカンと振り払い、次の思考に飛んでいくようにします。

例えるなら頭とココロのアイドリングってとこですかね。止めずふかさず。

地味ーですがこれがリラックスになるんです。

37歳になりました。

今日はイグチの37歳の誕生日です。

・・・37。

いつのまにやらと言うか、思えば遠くへきたもんだ、と言うか。
若い頃は37の人なんて本当にオトナにみえたものだけど、なってしまえばまだまだ全然迷いだらけです。
実際、なんだか最近ココロがふさぎ気味で不安定です。

「四十にして惑わず」

ほんとかなぁ。
とてもじゃないけど惑いまくりのような気もします。
一方で、そんなもんかとも思うけど。


さて。
それでもやっぱりとりあえず。
今日もまた一日。
今年もまた一年。
どうにかこうにか生きていかねばならないわけで。


そんなこんなでみなさんよろしくお願いします。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

iguchinikki

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ