井口日記!

劇団ドリームチョップ代表のイグチが、演劇のこととか教育のこととか 奥さんのこととか何となくダラダラ書いてみたんですよ、 というスタンスの日記です。

2006年10月

・名言

稽古場で劇団員の女の子(22)が言いました。

「男の恋愛は短編小説で、女の恋愛は長編小説」

おぉ。名言だ。

確かに男の恋愛は短編小説のような気がする。
今、彼女に何を言うか。
どうやって出会い、どうやってつながり、どうやって別れるか。
それはそれなりにドラマはあっても、短編小説って言われるとそうだよなあと思う。

ちなみにイグチは今までつきあってきた女性の現在を知らない。
結婚してるかどうか、どこに住んでるかも知らない。
どうしてるかな、とは思うけど。


あ、今ふと思った。

結婚するまでは短編小説だけど、結婚してからは長編小説だよ。

さて、来週はどうなるのかしら。ハラハラドキドキ。

・今夜、名古屋のバーで


名古屋ではABホテルという何だかよくわからない名前のホテルに泊まった。
しかし、意外や意外。
ここヒットですよ。値段安いのに、ベッドはダブルだし、備品は新しいし。
まあホテル自体まだそんなにたってないんだと思いますけど。
いやいや、ここ最近泊まった中ではかなり上位ですよ。
新幹線三河安城駅すぐそばです。

そして、イグチ的にはさらに高ポイントなのは、ホテルを出てすぐそこのところにバーがあるんですよ。ここがいい。

許可をいただいたので写真載せますね。

BAR「SALTY CHAP」の宮崎さんです。

5ec37bd9.jpg


あのね、ジントニックがおいしい。
これとってもポイント高いですよ。

どこにでもあるカクテルだから、僕はまずどこいってもとりあえずオーダーしてみます。ジントニックを飲めば、なんとなくそのバーのカクテルに対するスタンスがわかるような気がします。

細かくは書きませんが、このお店、ジントニックを作るのに結構いろいろやってくれるんですよ。もちろん好き好きでしょうけどね。
でも、イグチにはストライクでした。

また名古屋に行く機会があったらもう一回行きたいバーでした。

・名古屋にきています

4a0d4461.jpg


なんてったって人がいっぱいなんだよなぁ。

・この世のものとも思えない

昨日、中島高校での授業の帰りに気多大社のそばを通ったとき。

右手に見える風景にまさに心を奪われた。

午後のやや傾いた日の光が水平線を照らしている。

海岸線の手前にはすすきの穂が金色に輝いている。

広い、広い、空間。

デジカメがないのが本当に残念で、携帯のカメラで撮ってはみたけれど全然きれいに撮れない。

だから、観るだけにした。

本当にこの世のものとも思えない風景。

政治家が『美しい国』を創るなどと言ってはいるが、『美しい国』はもうすでにここにある。そんな思いがした。

ゆっくりと、美しい景色を眺めることができる。

それは、しあわせなことだ。

・すげー

今日、県立能楽堂で「萬狂言」を観てきました。
ぶっちゃけ、よかった。

おもしろいんですよね。意外と。


ただね、一番すごいと思ったのは観客動員のシステムというか。
僕は知り合いにチケットを譲ってもらったんですが、9000円ですよ。S席。
それもほぼ満席なんですよね。


これはいくら何でも高すぎると思うんですけど、それでもこういうシステムが成り立ってることがすごいと思いました。


がんばんなきゃなあ。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

iguchinikki

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ