井口日記!

劇団ドリームチョップ代表のイグチが、演劇のこととか教育のこととか 奥さんのこととか何となくダラダラ書いてみたんですよ、 というスタンスの日記です。

2005年07月

・花火

6bb315b1.jpg

今日は花火大会。

ふふふ。実はこの日を待っていた。
我が家のベランダからは花火が見えるのだ。
どどーん。どどーん。

こんな感じで見えマス。
ff351ce4.jpg


どどーん。どどーん。

ビール片手に奥さんと二人で観る花火はまた格別。
どどーん。どどーん。

・たまごアート第3弾

e9a261c3.jpg


前回のたまごアートを見て「これはイグチ夫婦ですね」というご意見を多くいただきました。それを奥さんに伝えたところ、「私はあんな顔じゃない!」と言い放ち、即座にかいたのがこちらです。柱の影から誰かが見つめているそうで。今後リクエストがあれば受け付けます。画伯のモチベーションが高いうちにどうぞ。

・結婚式

dbe81259.jpg
















桜ヶ池クアガーデンのガーデンウエディング会場「ガゼボ」



きのうは友人の結婚式だった。式、披露宴ともに司会をつとめたのだが、さすがに緊張した。。。
まぁ、いろいろミスはあったのだが、情けないのはこちら。

イグチ「ここで新婦はしばしちゅうじゃさせていただきます

はい、正しくは「中座(ちゅうざ)」ですね。

・・・演劇の基礎ができてないもんですから。


だけど、幸せそうな二人をみているとこっちまで嬉しくなる。
仕事で来れなかった、うちの奥さんに、会いたくなった。

・朧月夜

空を見上げたら朧月夜。

「花は盛りに月は隈無きをのみ見るものかは」

と兼好法師は書きました。僕も、おぼろな月は大好きです。
もちろん、澄み渡った満月もすばらしいけれど、薄雲のむこうにひっそりと輝く月もまた美しいと感じます。

うまくいかないこと、自分の弱さ、数々の悲しみ。
これらはかつては「乗り越えなければならないもの」だったけれど、今は少し違います。

月にかかる薄雲のように、輝きを増すための障害だってあるのでしょう。



弱さと共に生きること。

難しいけれど、それはそれで美しいことだと思えるようになってきました。

・ゲストティーチャーin金沢大学

きのう、金沢大学教育学部でゲストティーチャーとして話をさせていただいた。
お題は「教員のコミュニケーションスキル」。

教師を目指す若い学生さんのキラキラした目がまぶしかった。
そうだよねぇ。みんなこんな顔してたんだ。
なんだか妙に嬉しかった。

家に帰ってアンケートを読ませてもらってて、「他の人が教員になろうと思った理由が聞けてよかった」という意見がありました。
そうですね。教師になろうと思った理由はひとそれぞれです。いろんな人がいるんだなあと思うだけで自分の世界は広がっていくんだと思います。
僕自身、今日たくさんの人と出会えて本当によかったと感謝しています。

きのうの講義を受けた人で、今、これを読んでいてくれる人へ。

ありがとうございました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

iguchinikki

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ