井口日記!

劇団ドリームチョップ代表のイグチが、演劇のこととか教育のこととか 奥さんのこととか何となくダラダラ書いてみたんですよ、 というスタンスの日記です。

井口引退。

安室奈美恵の引退について、テレビでもネットでもいろいろと取りざたされてますね。

僕はあんまり音楽は聴かないのでそこまでじゃないんですけど、まあ世代でもあるし何曲も知っているアーティストなので「引退」と聞くと思うところはあります。

 でも、その何倍もショックを受けているのは・・・





千葉ロッテマリーンズ井口資仁選手の引退です。


スポーツニュースで井口コールとか聞くとやっぱり、ぐっと来ちゃいますよね。

青学からダイエーホークスに入ったときも同じ名字なんで注目はしてたんですけど、まさかメジャーリーガーになるとは。2000本安打も達成して、引退試合でもホームラン打ってますし、まだやれんじゃないかって。中畑のときはそこまで思わなかったんですが。

  

閑話休題。

まあ比べるのもおこがましいですが、自分も高校時代から芝居をやってきて卒業後から数えても26年目になります。オリンピックのころにはオソロシヤ30周年も視野に入る感じになってるんですよね。

 

もちろん、これまでに「引退」の文字がよぎったこともそりゃああります。

若い頃にその時所属していた劇団の看板女優の方が結婚を理由に退団されたんですが、カーテンコールで発表した時にお客さんの拍手が暖かくて「あぁ、こんなふうに引退できたらいいなあ」と思ったのを覚えています。ドリームチョップになってからもしんどい時期は何度もありましたし。

 

でもね。
プロ野球でも引退できるのは実績を上げたひとにぎりの人だけなんですよね。ほとんどの選手は自由契約という名のクビ宣告で、辞めたくなくても辞めざるを得ないわけです。

そう考えると役者であれ作演出であれ、芝居に関われてるだけで幸せなんだなと。

お客さんが来てくださっているからやれてるんですもんね。

 


井口資仁選手は引退しますが、井口時次郎にはもう少しお付き合いいただければ幸いです。
みなみなさま、これからもどうぞよろしく。

 

追伸:井口選手、引退後はいずれ監督になると思います。ぜひ、がんばって欲しい!

無いっ!

今日は七尾東雲高校の授業だったんですけれど。
帰りにちょっとコンビニに。

・・・無い。

しまったうっかり財布をわすれちゃったぜ。
お茶すら買えない。むむむ。






しかし問題はこれで終わらない。
のと里山海道を車でぶーんと走行中・・・


・・・無いっ!!


ガソリンが、無いっ!!!



いやホント今日入れようと思ってたんだよねでも朝時間がなくてまあ全然ないわけじゃないし行きは大丈夫だろうから最悪七尾で入れようと思ってたんだったそうだったどうするこれヤバくないかうわー志雄インター付近でガソリンのランプがついっちゃったけどこれあと何キロくらい走るんだまさかと思うけど里山海道で止まったりしないだろーなどーするうわめっちゃドキドキしてきたとりあえずそーっっと運転するしかねーよななななな


という状態だったわけなんですが。
当然財布を忘れてるんで里山海道下りた後もガソリンスタンドを悲しくスルーするしかないわけで。
あとは運を天に任せて家まで帰るしかないわけで。

そうは言ってもそうそうガス欠なんかならないでしょ、とお思いかもしれませんが私、やったことあるんです。8号線で。あーーーーってなりますよあーーーーーーって。


ともかく。
急発進急停車をしないという教習所ばりの安全運転でなんとか家までたどりつきまして。
財布を持って近くのガソリンスタンドまで行きました。
いやもう最後の最後まで気を抜けない闘いでした。
なんてったって交差点で右折を待つときの恐ろしさったらアナタ。

みなさん、財布とガソリンは確認しましょうね。
(あたしだけですか、そうですか)

夏休み。もう終わるけど。

「ドリームチョップ演劇部」の公演が終わるや否や、twitterもfacebookもなんだか更新するガッツがなくなってしまった(今までも大して更新してなかったのだが)。
blogも然り。

むーん。。。
まるで夏休み最終日に絵日記を書いてなかったことを思い出した小学生のようだ。
とりあえず夏休みはいろいろあった。

・コーチを務める北陸学院高校演劇部が最優秀賞をいただいた。
・教員免許更新講座のため、大学で授業を受けた。
・それが終わったら今度は金沢学院大で「シナリオ論」の授業をやった。
・能登怪談列車で語り部を。

そうなのだ。書くべきことはいろいろあった。
書けないのは、怠慢だよねえ。。。

そして今、12月のドリームチョップ本公演の台本を書いている。
書けないよねえ。。。怠慢だねえ。。。

ただ、今回の台本は書きながらちょっとワクワクしている。
決して明るく楽しい話ではないけど、それでもワクワクしているのだ。
その理由はいずれここで書こうと思う。
期待しないでお待ち下さい。

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ